2022年3月9日水曜日

両神の早春花を観に行く with the Father

日曜日勤務は午前で終了、帰宅せずに秩父の父宅を訪ねる。ネットで開花情報を仕入れて。

140バイパスで見かけた赤いクルマは、いすゞ117クーペ。

日曜日だなあ、ガレージから久しぶりに外へ出て日向ぼっこ兼ねた軽いドライブの感じ。

運転するのは奥さん、助手席のご主人がご満悦で、、、あ、なんだか久しぶりな、

のどかで、平和な日曜日の光景を見にしたような秩父へ向かう道、、、、

秩父道中、著しく変貌してきてる場所のひとつ。

関越自動車道・花園インター付近は、目下、アウトレットを建設中。

秩父鉄道は、ふかや花園駅まで新設しての稼働を見込み、

クルマと鉄道のダブルサクセス体制で挑むらしい。うーん、このご時勢に、、、

道が混むのは嫌だなあと、どこまでもネガティブな私。


秩父宅で父を乗せて、最初に向かったのは和菓子の栗助。

前回のソフトクリームでは迂闊にも普通のバニラに手を出してしまいのリベンジ企画。


懸案の栗ソフト。

バニラに栗菓子の粒を練り込んだ独特な食感と甘さが特徴。

父の感想「美味しいよね、でも秩父高原牧場のが一番美味しいよね」

このインプレを払拭して次なる一番を探求してのソフト探訪は続く、、、なのです。


目的の、両神に着くと、蝋梅が見事でした。

まだ冬枯れの曇天に、薄い黄色の花花がやさしいなあと。山間を抜ける風、きびしく。



両神の園内には、梅のほか、福寿草が花を開いていた。

積雪のある土地では雪割草として知られるが、最近は鹿や猪の好餌なのだとか。

高圧線に網まで被せての厳戒態勢に、やれやれと目を細める父、、、、

さらに、人間まで根ごと持って行くと聞かされて、苦笑いの父、、、、


秩父ミューズパークに移動。

階段はどうしても負担なので、出来るだけ緩やかな傾斜を選んで歩いてます。


ミューズパークから見下ろした秩父市街。

眼下が荒川にかかる大橋、北→南側を見ていて、向こうに、日向山、定峰山、東秩父、

川に沿った段丘盆地に、細長く街が形成されていることが解ります。


単三電池は矢尾のベスト電器、牛乳はヤオコー、帰りの買い物の道筋を算段。

熊谷・深谷・行田に続いて、秩父にもすっかり詳しくなってきた、、、かな!?


秩父の父宅ではすっかりお馴染みになってしまった居酒屋さんへ

定番・常食とママに認識いただいている自家畑のサツマイモ天ぷら。

プラス今日は、ジャガイモ天ぷら、、父の好物揃いを地産地消できる強み。


ワカサギは、常連ご夫婦が今シーズン最後の釣獲での、おっそわけ。

好物にかぶりつきながら野菜が摂れるキャベツたっぷりのお好み焼き。

「1ヶ月ぶりの外食です」ほくほくしてる父だけど、ビールの量がいつもより多め?

ま、いっか、飲めるうちが人生の華、と、ひとり合点は一緒に飲んでる緩和剤

2022年2月8日火曜日

秩父の父と、子(ね)の権現へ

 定着してきた秩父詣で、今日は午前仕事、午後からなので近場で気になるあの場所へ、


気になると言えば、最近出来た駅、関越道 花園IC近くの秩父線ふかや花園駅、

周囲で大造成が行われており、今秋プレミアムアウトレットができるのだとか、混みそう!


父の家はいたって平穏、シーンとした秩父の市街地から逸れた高台の土地、

雑木林の向こうは武甲山、ブコウさん、ご機嫌いかが? ひと声かけるぐらい親しくなり


パルスオキシメータを持ってきた、電池を入れてセットアップ、測定、

父に自分で測るための仕方をレクチャー、便利だねえとうなづく父、ちゃんと覚えた?


目的の、気になる場所とは飯能市にある子の権現・天龍寺

行きすがら、古くから秩父観光の看板にもなっている札所(お寺)もめぐりつつの予定で、


札所は、計34ヶ所、父の住む家のすぐ近くに、一番、二番、三番があり、

宿坊としての、旅館、民宿が建ってたりする、霊験あらたか、信心深い土地だ、秩父は、


時々、リュックを背負った中高年とすれ違う、単独、ご夫婦、団体とまちまち、

そして、とても若い人、カップルもいたりして、秩父の日帰り旅人気をつくづく実感、


最近ブームとなっているソフトクリームめぐり、

秩父の甘味、菓子司の栗助に人気ソフトがあることを事前に調べていたわたし、入店


ここまで、父の歴代ソフトランキング1位は、秩父高原牧場、

栗助は、うーん3位ぐらいかなあ、とのこと、そこで次回は名代の栗入りを頼むことに、


国道299号で正丸トンネルを抜けて飯能市へ、右折して、再び稜線に向けての勾配、

つづら折れの、細くてハードな道を唸るエンジン、やっと昇り着いた感じの子の権現、


子の権現・天龍寺は神仏混合のお寺だとか、足腰への願い、旅の祈願、交通安全、

足腰の弱ってきた父にはうってつけだ、そこで近くて気になる場所だったのだけど、


駐車場から土産物屋の鳥居を抜けたあたりまでで父はギブアップ、これ以上無理、

轟々と境内の木々を揺らす北風にちぢこまってやり過ごすのが精一杯の状態に、


また暖かくなってから来ようとなって、本殿参拝は諦めての展望台からの眺望、

とても素晴らしく、遠くのビル群は、さいたま新都心? 池袋? 西新宿? 大パノラマ


秩父へ戻る途中、せっかくのドライブだからと正丸峠の旧道をいま一度駆け上がる、

峠の茶屋はもう閉まっていた、次回はお茶しましょう、そう、何事も、暖かくなれば


午後から、慌ただしく回ったものの、目的は達成、結構な走行距離に、

帰り途中のヤオコーで父が毎日飲む牛乳を買って、自宅が見えたときには日没、


夕食は、すっかりお約束になってる近所のお店、

ママは下北半島出身なので魚介よし、畑があるので自家製の野菜もありで、


看板娘サラがお出迎え、寒風からお店に入ると一転して別世界に来たような感覚、

冷たいビールで乾杯、ママと娘さんに今日の報告などするうちに酔いの回る父とわたし


今日も、常連さんの神谷夫婦がワカサギを釣って来られていた、イモ天に添えられる

前回は赤城大沼だったが、今日は松原湖まで遠征、猛吹雪の氷上の釣りだったとか


トン汁、塩分抑えたあっさり風味、根菜、ネギなどは、自家畑から、秩父実感かな、


昔ラーメン、以前、ひとりでやって来たライダーが食べていたので気になっていた、

その名のとおり、鶏ガラ、しっかり、やさしい、でもコクもある醤油ラーメン、うまし!


昼間、栗助で買ったお土産が、かえでのラムネ、秩父のお隣の小鹿野町で作られていた

かえで=メープルシロップの炭酸、香りよくて、瓶の懐かしさもあって、また買おうかな

2022年1月25日火曜日

父を連れ出し雪見ドライブ、越後湯沢へ行きました

 秩父在住の父を雪国へ、思い立ったっての日曜日、1日強行軍&プチ夜会を、、


朝、まずは父の住む秩父へ、滝野川から首都高へ駆け上がる。

左壁の緑ランプが進行方向を表示、でもこんなの間違える人はいるのか? いるか、、


首都高〜外環〜関越を川越で降りる、国道16号線外回りへ、

通常・秩父へは関越・花園〜寄居長瀞バイパスが早いが、距離は以下のコースが最短、


16号を川越市生鮮卸し市場側へ左折、

広く市民に開放された市場、イートイン充実、でも朝が早すぎてお客はまだ居ない、


県道・川越〜日高線へ、秀明学園通りと呼ぶ人もいます、

飯能の山並みに向けての、淡々とした、のどかな風景 道端で癒される埼玉県西部の道


秩父通いで知った大学、埼女、サイジョ、才女、気になる私も熊谷市生まれ、埼女か?


秩父通いで知った不動産屋さん、ラブラブなのだ、アイムホーム、

とにかく派手、ピンクのクジラがマスコット、ホームページでの社長さんも必見!


川遊びと曼珠沙華で有名な高麗川のほとりを通過、

通り過ぎるだけでまだ一度も夏の川に入って遊んでないのは人出の数ゆえ、、


巾着田を見下ろす日高市高麗のお大尽の屋敷、

全国どこでも超がつく旧家がありますが、こちらは別格級、いまは公開されて、、、


折角だからと川に降りてみたら氷が張る水面、マイナス3度、山際は寒い、沢を渡る風、


国道299号線、まだ関越も整備されない頃、東京〜秩父といえばこの道ひとすじ、

高麗川に沿って道がつけられ、西武秩父線も一緒に沿ってのおなじみのコース、


飯能〜秩父を分け隔てる正丸峠、正丸トンネル、このトンネルを抜けると、、、


秩父市、人口6万3000人、キャッチフレーズは「歴史のまち 秩父」

和同開珎、秩父神社、秩父夜まつり(祇園)、札所、、、関東屈指の古さは保証


父の家に到着、だいたい所要2時間15分、ベランダ展望、雲がかかって武甲山見えず、、

「今日はどこ行くの?」「雪見に行かない?」「いいね」ソク出発、国道140号線で花園へ


関越を北上中、オドメータがシンメトリーに、1998年生のクルマ、頑張ってくれてます


お昼はどこで? ほんとは新潟県に入ってからがいいのだけど、、、、、

足腰の心配な父に配慮、早めに入った赤城高原PA、、あ、ここから雪が残っていて、、


カツが大好物の父、迷わずカツ、ソースカツ丼、元気だわ、だいじょうぶだ、実感、


私はモツ煮定食、群馬、上州路、とくれば条件反射的に券売機のボタンを押していた、、


県境の山々が、、武尊山連峰、谷川連峰、2000m級が連なって、

表と裏、陰と陽を分ける日本列島の細長い壁かなとしみじみ思う大寒の候かな


関越トンネル、じつに30キロm以上にわたり山塊の腹のなかを突き抜けていく、

長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった、、、文豪の頃は汽車、もっともっと長かった


長いトンネルを抜けると、雪国は晴れていた、、注ぐ日差し、路面に雪なし、乾いてる、


越後湯沢下車、これでは雪国の臨場感もあるまい、と湯沢の温泉街、旅館街へ、

建物の陰にはさすがに雪も残る、歩くのは危ないので、助手席からの雪路巡りで


小さめながらも、ツララを眺めることが出来た、

ポキンと折ってのチャンバラ、、、戦時中、寄居に疎開していた父の雪の日の記憶とか、、


お土産屋さんへ、日頃お世話になっている秩父の皆さん、ヘルパーさんたちに、

南蛮エビ煎餅を探したが品切れ、笹団子に決定、越後の団子はまた格別の旨さ、甘さ、


帰りは、国道17号線で三国峠を越えることにして、途中の苗場プリンス前、

原田知世ちゃんですね、ユーミンでもある、なんて言ってる私に父は「?」でした


三国峠を無事通過、群馬に下りてきての猿ヶ京温泉、赤谷湖、人影なくシーンと、


積もった雪で、父は雪玉を作る、童心に還る? なんだかとても嬉しそうな横顔だった、、


童心に還った勢い、お約束の大好物その2、ソフトクリームでニンマリ、デカくない?

それを、あれよあれよと平らげてしまう父、元気だわ、大丈夫かなと思ったけど、上機嫌


ソフトクリームの名称は「わでか」ホントにデカイんです、水上町の豆腐屋さん謹製、


水上町の古めかしい温泉街を抜けて水上駅前へ、

群馬側は当然のように積雪少なく、気温は低い、関越道に乗って帰宅の途につき、


秩父に戻り、直接、馴染みの居酒屋チぃちゃんへ、今年初めてのママ、謹賀新年でした、


ちょうど、御嶽海の優勝表彰式が、、あっ、しまった、見忘れたと苦笑いの父、

でも久方ぶりの彼の優勝で頰がほころんできた、よく冷えてた瓶ビールのせいもある?


常連さんカップルが本日、赤城大沼でワカサギ釣り、その釣れたてのおっそわけに、

うまし! うまし!と、サイコーのビールのおつまみ、すっかり調子が上がってきた父、


マイナス13度で、40センチの氷に穴を開けての釣りの話についつい引き込まれ、

私たちも今日は越後湯沢まで行きまして、、、程よく廻る酔いのカウンター社会


そこへママの娘さんが愛犬サラを連れて登場、絶好調になった父は娘さんに、、、

「今度はボクに首輪をつけて散歩に連れてってください」だって、、速攻お開きに!