2021年5月25日火曜日

仕事の日曜日、出勤、相方は深谷、終えて八木橋、皆野・秩父経由で帰宅

連投連投また連投、変わらず忙しい4月5月〜日曜日も昼まで仕事があり、ルーティン 


平日より少し遅め出勤なので、たにがわ、MAXでした、8ぷらす8の16両、二階建て、


通勤、遊び、お世話になったMax、あと1年ぐらいでお別れなのですね、思い出深し


熊谷駅で、私は職場へ、、、しばらくヒツジによる深谷、聞き書き、コレ、深谷駅


東京への憧れが強いのか、駅まで東京にしてしまった深谷市民、この顔の方がお札に、


ドラマ放映の効果を当て込んで、駅前には新規出店がちらほら、早くも空き店舗が、


頑張るしかない、頑張るしかないのだ、補助金のない業種は根性、ド根性、


駅前から市役所へ伸びる直線道路は、まだお住まいの方々との話し合いがついてない


粘っている方々の庭に植えた花に目を惹かれる、ややこしい、駅前の新陳代謝、


ズバッと建てました感じの深谷市役所、国道17号線、街道宿場時代そのままの代官所か


真横には、頑として譲れない感じの住宅、敷地は舗装せず、あくまでも地所を主張


元はプレハブの建設事務所らしきを、下を店、2階住居にした職住同源の普請が良


一応は見てみますか、中に奥深く入ってみてから分かったこと、入場料800円!!!


撮影セットと俳優さんの写真を眺めて終わり、気がつくと一番長く見ていたのはコレ


深谷は中山道宿場町の印象、城下町でもあったことを示す城跡、長続きしなかった


宿場町として栄えた名残りの、貸衣装屋、冠婚葬祭のたびに人が集まり、服を借りた


熊谷駅を出た途端に太陽に灼かれた感じ、流石、で、つけ麺らしい、なんとも


星川、ハヤ、オイカワ、居なくなった、1尾も居ない、なにが起きたのか? 白昼の悪夢


八木橋百貨店、熊谷、埼玉北部エリアを代表する商業施設、デパート文化、健在


大食堂もファミレスみたいになって健在、子どもの大きな声、泣き声もする、大切


定食、野菜、豆腐、ネギトロ、ハンバーグ、サバ塩がセット、それぞれ美味しい、


三品が選べる定食、選んだ唐揚げ、生姜焼き、エビフライ、他にも多々


熊谷駅から秩鉄で羽生へ行こうとなり、着いたところで環境展を覗くとムサシトミヨ、


羽生方向の待ちが長かったため秩父方向へ、皆野で下車、歩こうとなって、気温が益々


皆野はうなぎの街か? 駅前から三軒、お昼を食べてしまった残念、空腹なら食指


和銅方向へ歩く、大きな社と森、赤い鳥居、椋神社とのこと、龍昇ロケットの場所も?


汽笛が鳴って、警報機の音、近づくドラフト音、パレオだ、日曜日だった


木立の影が嬉しい時節、色づく実、甘そう、何か? 検索アプリに出ない、甘そう


道は国道140号線をてくてく歩く展開に、通るたびに気にはなってる私設展示館、有料、


日曜日も稼働? 石灰石を積んだ貨物列車が行き交う、東京の再開発も再稼働、忙しい


歩くことが辛く思える気温、道は国道しかないのか? 武甲山がまだまだ遠く、、


結局、歩いたのは皆野〜和銅の一区間、十分かな、また貨物が行き交う、


秩父駅へ、西武の駅まで歩く、ちょっぴりうらぶれた路地を歩く風情も秩父


御花畑駅、直通する西武の電車が止まってる、そこそこ乗ってる、みんな再稼働、


市役所横のラーメンは大盛況、かつて入った名物餃子のお店はおばさんが準備中、


駅前に着いて武甲山、またひと回り小さくなった感じ、頂上を削らないで、山体を削る?


お土産少々、祭り湯、お店は大盛況、都心から80分で来れる山間リゾート? 


ラビューは2回目、大きな窓がウリだが西陽がキツイ、贅沢か、ハイボールをしゅぱっ!


お土産の一部、これが甘い、うまい、絡みつくような、旅人を癒す餅、他にこんにゃく

2021年2月12日金曜日

テレビ通販で買った紅ズワイガニの干物で閃く

〇〇で初めて!という言葉に弱い訳ではないけれどつい買ってしまった紅ズワイの干物

紅ズワイガニの風味を封じ込めて保存することは出来ないだろうか?

発信者の方はテレビでそうおっしゃっていた。カニの干物? 珍しい、面白そう。

家にいる時間が長くなると、判断とか吟味とか余り考えなくなるのは本当だ。ソク注文。

やってきたのは、脚の部位と甲羅の中身を合切の二種類、富山県発、初の商品とか。

富山県は、越中(えっちゅう)、律令時代から越(こし)の国の中央部です。

ちなみに、朝廷(奈良京都)から近い順に、越前、越中、越後と呼ばれてました。

加賀・能登は、越前から分かれた新生国であり、いずれもがズワイガニの産地。

ただ富山湾側は、水深の関係から、身体のスリムな紅ズワイガニが多く獲れるそう。


ボウと呼ばれる剥いた脚肉の部位を真空パックを剥がして取り出したところ。

まずは噛んでみたところ、これはカニだわ、完璧にカニ、口中いっぱいに広がる蟹。

つまりは、紅ズワイガニ以上紅ズワイガニ以下。水気こそないものの見事なまでにカニ。

好きか嫌いかは別として、干物としての完成度は、目をみはるほどの出来映え、なるほど


ふと、ひと手間やってみたのが炙ってみること、これが当然のように旨くいきました。

焼きガニが濃くなった感じ、鼻腔までカニ臭がツーンときて、つまりはどういうことか、

生ビールやハイボールが飲みたくなってきてしまい、いや冷やでも熱燗でもイケるねえ

生のズワイガニのない季節でもお手軽にカミカミできる代物、焦げもよし、


甲羅の中身とツメ肉の部分をほじくり出して加工したミックス。これでもかの感。

お吸い物や炊き込みご飯がお勧めとありました。乾燥したカニ肉100が湯で戻る訳です

想像するだけで熱い鼻息が漏れそうですが、つい鍋が振ってみたくなりまして、、、

炒飯、かに玉、プロ級なのが出来ないかしら? 素材の旨味をめいっぱい抽出する干物力


2021年1月18日月曜日

突然豚肉が送られてきて、食べてしまったハナシ

クール便です! 先月(もう昨年か)に続いて今度は豚肉が来ました。どういうこと?

差出人は、信州宮田、清流豚さま 

はて?見覚えなく記憶なく、どなた? 同封の説明文によるとふるさと納税への返礼品であり、遅くなってごめんなさい的な文言が綴られている。遅れた理由は昨今の新型ウイルス騒動、生産や出荷が伸び伸びになり先方はたいへん恐縮がられているのですが、私としては、

信州の宮田、長野県の宮田という土地に縁はなく、結局は酔ったイキオイでポチっとやったのだろうなと思ってましたが、宮田のある地域を地図で確認して、あそこだと閃いたのでした。


2019年夏のドライブ、寝食できるよう諸々積み込んで行きあたりばったり走っていたところ、長野県の伊那地方にさしかかった。その中心地、飯田市が焼肉の町であることを突き止める。市内散策で入店していただいた豚肉の生産地が確か頭にインプットされていたらしく、ふるさと納税の返礼品の項目の中に見つけた折に、ついポチっとやってしまったらしい、、、
ハイボールの海を泳ぎながら、、、もしかして溺れて、、

飯田市訪問は道中の最後の方であり、それはまた直前にお邪魔した琵琶湖湖畔の粋人(東京から大津に移住してマタギになってしまった)の父親の出身地だったことも記憶の片隅にあったようで、琥珀色の炭酸海のなかで急激にご当地の豚肉が食べたくなったらしいのです。

↓夏ドライブ狂騒の模様↓

http://macobusa.blogspot.com/2019/08/blog-post_26.html


それさえ解れば怖いものはない。

今日はラッキーデー、善は急げとばかりに水を張った鍋にコンブ、ほうれん草を買ってきて冷蔵庫のネギ、さっそく豚シャブを開始と相成ったのでした。

バラ肉とロース肉を半々に盛って送られてきた豚肉は2キログラム。当然、イキオイだけでは食べきれることはない。まずは親しいスタッフにジップロップに入れておっそわけ。納得のいくまでいただいたところで、ラップに小分けして冷凍保存。解凍すればいつでも食べられます。

信州宮田の清流豚、うまし、うまし、ありがとう、ありがとうといただきました、、、
ひとつ言えることとしては、今年は予期せぬ出来事で大遅延となった現実、もう既にポチっとしたことさえ忘れた頃でも忘れることなく送られて来た豚肉、生産者の方々、その真摯な想いに打たれてしまい、同時に、最近たまにやってますことが、↓


 スーパーの鮮魚コーナー特価品のまとめ買い&総合賞味!

店長さんによれば、とにかく売れないそう、残ってしまう、だから仕入れられない!
こういう負の連鎖に挑むべく目に入ったおしまい品をぱっぱとカゴに入れてレジ、
この日は総計2280円。
シメサバ、アジタタキ、イカソーメン、ネギトロ、赤ナマコ、あん肝。どうですか?
あとは間髪入れずに一気呵成にいただくのです、時は粋なり、もはやここまでと。

ハイボールの海を泳ぐこと、また必定ですが、味と心の満腹感、よく眠れますし、、、、

2020年12月14日月曜日

突然カニが送られてきて、食べてしまったハナシ

 クール便です! 発砲スチロール箱、それも二箱も! はて? 思い当たるフシはなく、、、


発送元は鳥取県のA漁港、宛名はわたし、それだけは間違いない。

でも知らない港、国道9号線の街だけど、釣りをしたことない、知り合いも居ない。

なぜ? どうして? どなたがこんな大層なお品を、、、?


電話で聞くしかないと思い電話、でも水産会社は委託を受けただけということで分からん

こちらへおかけ下さいと教えて貰った連絡先にたどり着いて、よくやく、

えっ!? 当選、カニ? ネット通販の? 当たった? ワタシが?

先方によると、時々使っていた通販サイトの懸賞が、当たったのだとか、合点、しかし


クール便を受け取ったのは前日に家を空けて居たので、中1日経過したものだった。

商品の発送を持って当選と、、、いうやつですが、懸賞応募の記憶はなく、酔ってたか?

通常なら4杯ものカニ、しかもズワイのオス、周りにおっそわけを探すところが、運悪い、


人様に差し出すには心配、冷蔵の茹でガニを、もう一度冷凍に戻すのはもったいない

よしっ! これは天啓(いつも通り大げさ)意を決して、剥こう、食べよう、

ほぐした身の残ったものはジップロックに入れて冷凍して、あとあと使えばいい


ザグザグざぐ、殻をハサミで切っていく音、ホジホジホジと根気よく、カニの身むき

脚の付け根の部分が、取りにくく、面倒ですな、ここがカニ捌き師の腕の見せ所と


身をすべて取り出すまでは、一切口にすることなく、、、という誓いも次第に崩れて

時間が経ってるのだ、味見だ、毒味だと口にするうちに、結構だべられるモンですな


唯一、ちょっと残念だったのは、甲羅の中身、茹で、1日多く経過のため、水気が多い

昨日これを受け取れていたら、ミソなどもほっくりと違ったのかしら、、なんて

次第に調子が出てきて、ハイボールは進み、突然の懸賞当選を喜びました次第


身のまだ残っている殻からダシをとって、稲庭うどんを入れてシメに。

実は、正直に、これが、いちばん、美味しゅうございました、うまし!!!