2017年12月9日土曜日

食堂謹製ソウダオイルを差し入れる

今年もあと20日あまり。三浦の定番廻りに、懸案のひと品を持って出かけたのでした。


林交差点のハマダさんのお店にてエサを購入のち。

三崎港のいつもの岸壁へ一番乗りでした。

現在、新しい建屋の建設などもあって。各所で立ち入りが難しくなった憩いの場。

この場所の特長とは、どうしても大本命様(カワハギ)の顔を見たい!

それも、あまり歩かず、足場が悪くなく、つまり超ラクして見たい時はここしかない。

冷え込んだ朝の大気のなか、意気込む私の吐く息の白さよ。←写ってませんけれど。


寒くなっても、いつまでも居て欲しい大本命様。

この方がいなくなると、いよいよ本格的な冬の到来かな。

程なくして、その願い叶ったり。明確な反応がありました。

決して大きくはありませんが、ワッペンサイズでもない。

カツカツと、乾いたアタリがあって、グググっと竿先を抑え込んでくる大本命様。

これだな、これこれ、この感じ。いい感じ。

いい感じを味わうことで、日頃のストレスや生活の憂さが、吹き飛ぶというものです。

ありがとうね、大本命様。


久しぶりに、市販の2本針の仕掛けを投げてみたところ、、、、。

今度は、全身タイガースとペアで登場してくれた大本命様。

気温は下がり、季節風がビュウビュウ。

なのに、海の中はまだまだHOTだったのが、この日。

仕掛けが底についた直後から、食物争奪の激しい闘いを実感しました。


大本命様、全身タイガースの好ライバルがこの子らしい。

エサがまたたく間にキレイさっぱり、、、。

大きなエサにも飛びかかってきて、絶対的な数の原理を想像します。

エサ箱の中身が、みるみる減っていくなんて、なんて素敵な。

海の中は、食欲の秋が、継続中のようでした。


岸壁では工事作業が開始、クレーン付き大型の台船が横付けされたことで堤防へ移動。

新しい建屋の完成までは、落ち着いて釣りをするのは難しいみたいです。

もっとも、完成して、完全な立ち入り禁止になったらどうしよう、、、不安を抱きつつ。

沖の堤防には、3名ほどの釣り人の姿が見えました。

ここへ渡船すれば、立ち入り禁止、釣り禁止のおふれに怯えることはありませんが、

そういう問題ではなく、なんとかご寛容をお願いしたい魚市場の岸壁なのです。


三崎港の釣りは、大本命様に会えたことで、一応の納得。

この日の主目的である、横須賀うみかぜ公園へ向かったのでした。

公園、木曜日のメンバー、黒ヒツジ、ジュンさん、アサリちゃんに差し入れをしました。


作って、冷蔵庫に保管すること3週間。

熟成してまいりましたソウダオイルのキツネ色なのでした。

カットしたフランスパンを添えて、みなさまに供出しましたところ。

のきなみ、好評、潮風のなかで食すツナのブランチになった、、、のかな?

こうして、佐島港の漁師さん→徳丸ハマダさん→まこぶさ食堂と渡ったヒラソウダは、

横須賀うみかぜ公園メンバーに賞味されて、地産地消と相成った次第でした。


強烈なアタリ、しなる竿。

そうなると、みんな集まってきます。期待の高まる時。

カレイ釣りの風物詩ともいえる光景でしょうか。

浮上して正体を見せたのは、大きな大きなグーフ(ヒョウ柄のヒガンフグ仕様)

注目していたみんなの緊張がほぐれて、苦笑い、これもカレイ釣りの風物詩。

ちなみにこの日、彼らの大本命様である真子鰈を釣っていたのは黒ヒツジ(2枚)でした。


と、いつもの、一応の、集合カット。

私はここで中座したのですが、あとで黒ヒツジからのメールによると。

アサリちゃん(左)が、エサの追加購入に走り、18時過ぎまで粘ったという3人。

結果「こんばんわあ、アナゴです」

だったそうです、、、狙ったな、あの例の、真っ赤な魚の登場を。

それにしても、若い異性の方々との釣りは、元気になります。

ジュンさんは、ひとまわり以上は違うし、アサリちゃんは、25歳とか。

私の上の息子より若いなんて!!! 潮風のなか、そんな男たちと釣りをする。

これぞ、究極のアンチエイジングではないのか? 

と、おばさんの世迷い言がヒートアップしてきたところで、今回はお開き。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。

「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051



2017年12月2日土曜日

無病息災!? 酉の市で熊手を買う。

おとり様の酉の市。実は、一度も行ったことない。思い立ったが吉日、ということで、、


向かったのは、浅草の北側、千束にある鷲(おおとり)神社。

テレビに映る、熊手購入のちの、しゃんしゃんしゃん(←というのか?)

これも一度は見てみたいものだと、出向いたのでした。

本殿に続く参道には、並ぶ方々の数に、ただただ唖然、仰天。

これが夜中の零時から24時間続くというのですから、口あんぐりです。

人様が映らぬように、上向きにて、写真を撮りました。


熊手、、クマデ、熊の手、、、どこを見ても熊の掌、、、大きさ種類は千差万別でした。

無病息災、家内安全、寿、、、、いろいろ掴みたい、引き寄せたい、来年の縁起モノ。

ハタと思ったのですが、熊という動物の掌のカタチを竹材で作った熊手。

本来は、落ち葉などをかき集めたりする掃除用の生活道具ですよね。

そこに、稲穂や小判、干支、枡などを載せて飾っているワケですから、

熊という動物は、とても畏れ多い、山の神の使いのような存在なのでしょうね。


熊手を売る商店のあちこちで、賑やかに柏手が打たれてました。

商店、会社、家庭、、、大きな熊手は予め予約を受けて作られているようです。

色とりどりの熊手を眺めていると、季節柄、Xmasツリーを思い浮かべました。

なるほど。葉が落ちて、色褪せてきた風景に、色彩を盛り込んで祈願したい。

洋の東西、そういう気持ちがあるのかな、と想像しました。


熊手を売る商店は、位置図が必要なほど、ひしめきあっていました。

毎年購入する方は、葉書などの案内が届いて、予約したり、出向く流儀のようです。

しかも、熊手は、毎年大きくしていくのがゲンかつぎだそうですが、

とりあえずは、同じ大きさをキープ(なんとか?)という方が多いそう。

縁起モノとはいえ、懐具合との折り合いは大変なのです。

私は、初心者、初の熊手購入なので、つつましく、さりげなく、ライト感覚を希望。

適度な大きさとデザインを探して、人様の波をかき分けて歩く境内かな。


買ったのはこちら。

熊の掌に乗ったまねき猫ちゃん。3000円なり。このあたりがお手頃でないかと。

ココロは、猫の手も借りたいほど商売繁盛したい、、、という一応の気持ちをこめて。

年末31日、部屋のどこかに飾ろうと思います。


一方、その頃、横須賀のうみかぜ公園では? 

黒ヒツジが、なんと真鯛48センチを釣り上げていたことを、写メで知る。綺麗、鮮烈!

さらに本命、真子鰈42センチも釣り上げていたことを生きエサ徳丸ハマダさんから知る。

おおおおお、熊の掌&猫手のご託宣が早くも、、、って、これは来年の縁起物。

とにかく、黒ヒツジ、やりましたね、もしかしたら、今季、懸案が達成なるか!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。つねに新しい発見や感動と、魚への愛を忘れないあなたに読んでいただきたい一冊。書店様、釣具店様で購入可能です。またインターネットでもお求めになれます。

「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051



2017年11月12日日曜日

三浦半島 巡回巡回

うみかぜ公園メンバーズ2017-2018シーズン開幕! いつものコースを回ってきました。


エサ購入先のハマダナオキさんのお店でサプライズ!

お土産で(釣りする前なのに)いただいたのは、ヒラソウダガツオ。

「いま、たまたま佐島の漁師さんが寄って貰ったっすよ!!!」

つまりは、おっそわけ、の、おっそわけに、ありついたワケであります、のっけから。

ナオキさん、ありがとう!


ヒラソウダガツオ、、、とにかく、でかい。全身がぽんぽん。

ナオキさんは、そのまま刺身、もしくは藁焼きの土佐づくりで、いただくとか。

私は、言うまでもなく、、、オイル煮、ソウダオイルの味と匂いに取り憑かれており。

極上ネタをいただき、帰宅後の使命感に燃えながら、うみかぜ公園へ向かいました。


ところが、久方ぶりの公園というのに。

真正面から暴風、、、打ち寄せる波、波しぶき、シャワーのごとく。虹ができてるし。

冬型の気圧配置に突然変わったことで、東京湾岸は東から、これでもかの洗礼。

天気晴朗なれど、波高し、そんな生やさしいものではなく、晴朗なれど大時化!!!

停めたクルマがあっと言う間に塩で水玉模様になっておりました。


それでも、、、三角波を背景に、メンバーズはカンパーイ!!!

右から、黒ヒツジ、私、ショウちゃん、アサリちゃん、ジュンさん。

なんのためのカンパイか? 

じつは、ジュンさん、奥さんハナちゃんのご夫婦に8月、お嬢ちゃんが誕生!!!

三人目となったお嬢ちゃんは「あいだ」がかなり開いたので、可愛くってしょうがない。

だから、カンパーイ! おめでとうございます! &皆さまの健康を願いまして。

それにしても、風、波は強まる一方に。


暴風と波シャワーのなか、私はそうそうに竿出しはご辞退、、、無理です。

持参しました公園定番「カニ獲りカゴ」と冷凍サンマのセット作業となりました。

黒ヒツジ、ジュンさん、アサリちゃん、張り切っております。

これを皆さまにお預けして、どこか風を避けられる場所に避難することに。

ちなみに、黒ヒツジ、このあと、大時化の海から大本命マコガレイ36センチを釣る、執念

カニ獲りカゴについて収穫は、、、ま、不問ですね。


移った先は、三崎港。

三浦半島は、東側が駄目なら西側、相模湾側へ逃げるのが常套手段。

風は時折強く背中から吹き込むものの、水辺は穏やか、陽射し燦々。

天気晴朗の、秋晴れの三浦半島そのものに佇む展開となったワケです。

投入直後から、ちょこまかと、賑やかなアタリがあって、途絶えたら、エサなし。


護岸の下を覗いてみて、納得。

おびただしい数のカワハギベビーが集合してました。

推定、500円玉サイズでしょうか、水面近くでエサを探しています。

イソメの尻尾を落としてみたら、狂喜乱舞の状態に。

底のほうは、500円玉サイズに、せいぜい毛の生えたぐらいが狂喜乱舞か?


たまたま運良く、、、針に掛かってくれました。

口の横に、たまたま。ワッペンと呼ばれる大本命様、そく、海へ戻しました。

おそらく、ワッペンが、狂喜乱舞になっているのではと推察。

針を小さくすれば、もっと掛かるのでしょうけど、それはしません。

三崎港内で、場所を移動。


水産加工場の間口付近に注目。

シラサギが、出待ちしてました! おっそわけがあるのでしょう。

停車しているクルマの下には、猫。おなじく出待ち狙いでしょう。

互いにライバル関係のようで、適度な間隔を保っての出待ちのようです。


魚市場の埠頭で、ひと振り。

先端部付近が立ち入り禁止になり、人影まばらとなりました。

そこへ新しい建物も建設中で、さらに釣り場の制約が厳しくなる予感がしてきます。

快晴の空、上着を脱いでも、汗ばむ陽気になりました。


エサは、相変わらず、食べられていきます。

おっ、掛かった、全身タイガース!!!

大本命ワッペンか、全身タイガースか、この2魚が海底を支配している?

それだけ賑やかな晩秋の海底、、、エサ付けがタイヘン!!!


アタリが途絶えたので、?????

と思ったら、ズゥズゥズゥズゥイーーーンと重く。

マダコが針先に掛かってきました。つまりは、小魚の天敵!

この子が出現すると、魚たちはしばらく退散して、遠目から見ているのかな?

そうこう考えながら、あちこち投げておりましたら、、、、、。


コン、コン、そしてギュン!!!

一瞬、リールが巻けない、しゃにむ、巻く、近づく、あっ、横走りだ!!!

青空にパキっと躍り上がりました、大本命様、やった、やりました、24センチ。

エサがよかった、パキパキのイワイソメ、黒ヒツジがハマダさんに注文したそう。

黒ヒツジ、ハマダさん、ありがとう、いろいろが結びついての大本命様。

納得、溜飲のさがる想い。

今日は、大本命様とお土産ソウダ、、、、早仕舞いにて候ふ。


帰宅、速攻、刺身、肝のせにて。

釣った直後に締めて、三時間後に食べてみた感想。

極楽、大往生、頂上クラス、肝は肝醤油より、肝そのものか、肝のせ刺身がいい。

釣りたての肝は、まだザクザクとした歯ごたえがあり、とろけるまでに時間がかかる。

そのかかる時間のプロセスと刺身とのハーモニーが身上ではないかと。

うまし、旨すぎるは、人を堕落させますね、困ってしまうほど、うまし。

大本命様、ありがとうございます!!!


ハマダさんおっそわけのヒラソウダを、三枚下ろし、冊を小さく切って塩水。

海水と等しく約3%の塩分の水に漬けること約40分。

私は、うす塩が好みなので、これぐらいの時間を目安にしています。

もっと塩の濃い味をお好みなら、漬ける時間を長くしていきます。


フライパンに、たっぷりのオリーブオイル。

ソウダガツオの身を入れて、火にかける前にお好みのスパイスを入れる。

ニンニク、トウガラシ、胡椒、胡椒の実、ローリエの葉。

ここから、極弱火で、じっくり時間をかけて煮詰めていくわけです。

↓ネットで見つけたこの方のレシピも参考にさせていただいております↓

https://www.fish-cooking.com/soudagatuo/oil-souda.html


プツプツ、やがて、グツグツと。

気泡があがりながら、ゆっくり煮たってゆくオイル。

油の色、ソウダガツオの色が、次第にキツネカラーとなってきました。

煮込むこと約2時間弱ぐらい。火を止めたらそのまま油を冷ませる。

あとはタッパウエアに移し替えて、冷蔵庫で5日間ぐらい保管。

さあ、ふたを開けた時、それは、パンドラの箱を開けた時!?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。つねに新しい発見や感動と、魚への愛を忘れないあなたに読んでいただきたい一冊。書店様、釣具店様で購入可能です。またインターネットでもお求めになれます。

「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051


2017年11月5日日曜日

紀伊ハンター2017 晩秋

定休日と祝日を使って、紀伊半島まで行ってきました。天候にも恵まれた2日間!!!


約2年ぶりの和歌山県。

憧れの紀伊の国へ、ハンティングにやってまいりました。

まずは、紀伊水道の美浜町から御坊市にかかる広大な海岸線へ。

煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)で竿を出しました。

西南に向いた玉砂利の美しいカーブを描くなぎさを満喫。



煙樹ヶ浜は、紀伊山地を源とする日高川の河口に広がっています。

県下最大級のなぎさということで、地引き網漁のほか、釣り人、キャンパーが集う。

雰囲気が、静岡県沼津市の原海岸や片浜海岸(前回参照)に似た趣きでしょうか。

しかし、高い防波の護岸壁がないことで、背後の圧迫感がなく、のびのびしています。

いつまでも過ごしていたくなる、とても気持ちのいいなぎさでした。

↓秋まっさかりの快晴、投げた直後から、竿に伝わる魚信の賑やかなこと!!!


ハタの子、チャリコ、フエダイの子、、、間髪を入れずアタってきました。

エサをめぐっての、いろんな仔魚たちの競争が伝わってきます。

食欲の秋、幼魚の育つ秋、すかさず海へ帰す秋、忙しい秋。



そこへ、11月とは思えない太陽光、さすが黒潮直撃の海。

天気良好にて、次第に汗ばんできて上着を脱いでしまいました。

紀州、和歌山、みかん、梅、、、、陽の当たる場所の恩恵をカラダ体感するかのよう。

竿をにぎりしめ、水平線をみつめるしあわせの時。


ゴン、ゴン、グビっ、グビっ、グビっと。

波打ち際で、突然ひきこまれて掛かったのはマゴチ。

仔魚たちを狙っているのでしょうか。

このあと、さらにもう1尾が掛かってきて、口を横に引いたような怖い顔を拝む。


お昼をとろうと、近隣、国道42号線ぞいの食堂へ。

私が思いますに、国道42号沿線の街道食堂や喫茶軽食のレベルは、日本一ではないかと。

どの街、どの港、、、営まれるお店は、まず外れることのない実力派ぞろい。

定期便、営業車、建設作業車、そして夜駈けの釣り師まで、口の肥えた人が多い?


昼食を終えて、日高川の河口へ向かいました。

河口から、上流側を望む。

汽水域ならではの、やや濁った水質が釣り心を湧き立てるといいますか。

さて、どこから釣ればよいか。

あちこち、動き回ってみました。


幾筋にも分かれる河口の近隣で見つけた、冠水帯の樹木。

つまりは、小さなマングローブの森を作っている。

すぐ横には火力発電所がある反面で、こういった自然が残っている。

紀伊半島に、釣り人が呼び寄せられる理由の一端を見た想い。


クルマが近くて、足場のよい河岸を発見。

ここなら初めてでも大丈夫だろうと、竿を出してみました。

鉄橋は、日高川を渡る国道42号線。

多くのクルマが行き交っていましたが、水辺はのんびり。

対岸に、3名の釣り師の姿が見えました。

二艘をくっつけた小舟がゆっくり横切ったりしてます。


ところがアタリは、頻繁、喧噪。

川の中も賑やかでした。

仕掛けが底についた直後から、なにかしらの反応。

クン、クン、ギュンと引き込まれる。

チヌの子ども、若魚たちが、競い合うように掛かってきました。


キビレチヌも次ぎから次ぎへと。

間断のないアタリに、ひと息つく暇もなく。

もっとも、そんなひと息なら、竿をあげて休んでいればいいこと。

ほかに、チャリコ、彼岸グーフ、、いつものお馴染みのメンバーズ。

日高川のなかは、幼魚、若魚たちの育成の秋を迎えているようでした。


夕食も、国道42号線ぞいの街道食堂へ。

理想のセルフスタイル、プラス好きなモノを頼んだりするシステム。

小品いくつか、ご飯、そして牛吸いを注文しました。

うまし! うまかあ! やめられまへん!

国道42号線、街道食堂、軽食喫茶の釣り旅、、、かな。


コケコッコーッ========ーーーーーーーッ!

2日目の朝は、御坊市から南下して印南町(いなみ)

切目川の河口に広がる渚から開始。

両サイドには、回遊魚を狙うルアーマンたち。

刺激を受けてがんばってみましたが、しかし、ここではチャリコ1尾のみ。


さらに南下の途中で見つけた「王子」の文字。はて?

説明文によると王子とは、11世紀~12世紀の熊野参詣の先導役が創った社、神社のこと。

しばらく途絶え気味だったものが、最近の世界遺産登録などで、再び脚光のきざしとか。

熊野三山、熊野古道をめぐる人気は、さらに増しているようです。


過去3度の紀伊半島での釣りで、

好きになってしまった街のひとつ、日置川町(ひきがわ)

日置川の河口に築かれており、その川水のキレイなこと。

川のなかには、海の魚、川の魚、いろんな魚影が見てとれます。

できれば、1度は夏に訪れて、遡って泳いでみたい。


目指してやってきてしまった日置川大橋たもとの軽食喫茶店。

いまも変わらぬモーニングが秀逸なのでした。

これにトーストとコーヒーがついて500円、、、すごし!!! 

採算度外視の気合いの入りぶりは、まさにモーニングの鏡。

メニューも目移りするほど、豊富、多彩なのです。

、、、と、国道42号線軽食文化の真骨頂をいただいたところで、白浜方向へ引き返す。


ヨーロッパのお城の横へ来ました。

天下の観光地、南紀白浜でも、ひときわ異彩を放つ豪華なお城のホテル。

その真後ろと真横付近の護岸が、釣りのポイントなのでした。

ここを、ふと思い出したので、ピピっと閃いての行動。


でも、ここでも、チャリコのみ、しかも入れがかり気味に。

これはイケナイと、そそくさと移動。

お城近くの入江では、イカダが多いため、与えられるエサに稚魚が寄りやすい。

それを求めて、ガシラや、もっと大きな魚も巡ってくるようですが、、、、。


食べてばっかりのようですが、せっかく白浜町に立ち寄ったので。

紀州名物その1 ウツボ料理、これは唐揚げ。

あっさり、ほんのり香ばしく、しかも、コラーゲンたっぷりとか。

思わずビールが飲みたくなりますが、陽は高いので、ノンアルコールを。


紀州名物その2 サンマ寿し

のっているのが、サンマ、、、脂身、トロ身、酢でしめた味はサバとはひと味違う。

うまし! うまし! うまし!

名物に旨いものなしと言いますが、サンマ寿しはとても旨いと思います。


食べ物ネタばかりに行きかかった路線を、釣りに戻して。

2日目のラストになったのは、白浜市街地南側の富田川(とんだがわ)河口の渚。

西からの風が吹き始めて、晩秋を感じる雰囲気になってきました。

小波も出てきたので、エサを奮発してたくさんつけてみる。

意図としてはいつも通りの、残り時間僅かの大盤振る舞い。

名付けて、「竿仕舞いセール」です。


群れていたのか、この子が立て続けに掛かってきました。

頭部がまるっこくて、ゴロっとした体型の鯛、ヘダイ。

25センチあるものもいて、かなり引っぱりつけられてビックリ。

タイ科の魚たちは、小さくても元気者揃いです。

思えば、気がつくと、チヌ、キビレチヌ、チャリコ、ヘダイ、、、、。

タイ科が4種類も釣れた! 

近ごろ、タイづいてる? とても縁起のいい今年の紀伊ハンターでした。

2015年版の紀伊ハンターはこちらもご覧ください↓

http://macobusa.blogspot.jp/2015/09/2015.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。つねに新しい発見や感動と、魚への愛を忘れないあなたに読んでいただきたい一冊。書店様、釣具店様で購入可能です。またインターネットでもお求めになれます。

「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051