2020年9月7日月曜日

ぶらり青梅へ出かけてみたところ、、、


昨年、免許更新で出かけた青梅市。気になったお店があり、中央線快速に乗り、、、


青梅駅前の、年代物なビル2階の喫茶店。

やってた! ヨカッタ! としみじみ思う、今日このごろ、なのであります。

ひとりで憩える、どうしても会う、時に、確保されているスペース、大事だ!


去年コーヒーが旨かった。いまは初秋なれど連日の炎熱殺法に、めまいの日々。

冷コーでいきます、これがまた、うまし! 落ち着くなあ、癒されまし、、、、

という感じで、お客ひとり、ひとりが、窓辺やスマホを見て過ごす午後


店名がまた意味深長で、覚えるし、また来たくなる。

JRの、表玄関にこういうお茶する処のあるのは、東京の奥座敷のふところの広さ?

↓昨年の、春あさき頃の青梅の探訪はこちら


で、気持ちもノってきて勢いづいて散歩、多摩川べり、河岸にある釜の渕公園へ。

汗ふきふき、おっちらあっちらと、降りていった次第なのであります。

ン? 左のほうで、ビデオを持った方ふたりがなにかを取材されている様なので、はて?


あらま。、、、、こういうことでしたか! 絶句 

タープ張って、バーベQして、飲んだ、楽しかった、最高だ、後片づけ、、、面倒臭くなった、ということらしいのですけど、多摩川一帯で頻発の事案なのだとか。うーん。

これを見るために中央線快速に乗ったワケでないはずが、、、うーん、な、もう9月か。

2020年1月23日木曜日

水の流れを見つめて

2020年、寒中お見舞い申し上げつつ、、突然ですが、しばらくブログ休止のお知らせを。


いきなり、も、なんですから、昨年気に留めた滝、川の流れなどを少々。

↑ 那須の駒止の滝。

冬枯れの山肌、断崖を落ちる白糸、滝壺の神秘的な色彩に魅せられるばかり、でした。


年末、金沢帰省の途中に寄ってみた常虹の滝(富山)

風の盆で知られる越中八尾の近く、、ほとばしる水滴に陽が射すことで現れる虹。

ということでしたが、冬枯れの気温のせいか、太陽あれど、反射が薄く? でした。


同じく年末 浅野川(金沢)

帰省の折りには、一度は立ち寄る定番の高台場所より医王山方向を望む。

暖冬、雪のない金沢、空が明るい北陸、これはこれで、、、地元の方にはよし、ですか。


東京へ戻る途中ちょっと寄った安曇野の川。

手前が湧き水、奥が北アルプスから流れる河川、その合流付近ということでした。

暖冬が続く、雪がない、雪解け水がない、湧き水も枯れる、それはとても怖いこと。

北アルプスにも雪は少なく、これからに期待ということでしたが、、、。


同じく東京へ戻る途中。昨年、台風による決壊で被害の大きかった千曲川。

高台から眺めてみたのですが、名の通り、千回は曲がって流れていきます。

写真は戸倉上山田付近、長野市の奥座敷にあたる場所ですが、一帯も度々の氾濫に見舞われたとのこと。対岸の民家の集まる場所に、しなの鉄道、国道18号線が通っています。ちなみに写真左側手前に写っている不可解な物体は、温泉のマーク、なんだコレは?

ほんの薄い雪化粧すらない、信州の冬でした。


年が明けて、、、荒川の支流の河岸にて。

昨年の台風による大雨が運んだ土砂が河川敷きに堆積。重機が入って、堆積土砂を取り除く作業が行われていました。

沿岸に建つ家の方は大丈夫だったのでしょうか、つい、そんな心配ばかりしてしまう昨今です。今年は、大禍なく過ごされますことを、、、。


ふと、黒ヒツジへ写メして送ったカット。

メモ紙の裏に、以前に写真で見せてもらったムスコ殿を書いてみたのですがオヤジ殿とほとんど均質になりました(当然ですね親子ですから)

黒ヒツジJr です。今年は出でよ、若者、もっと、若者よと祈念しつつ、、、若者啓蒙に前向きでいこうかと。

ということで、しばらく、休みます。再見、しーゆーあげいん、さらば、、、。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<参考図書ご案内>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)電話03-3576-4051
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。

「投げ釣り列島縦断」で検索ください。



2019年12月28日土曜日

2019年しめくくり、天災厳しく、若者目減り?

平成から令和となった2019年もあとわずか。振り返って思うこと、少々。毎年恒例。


来年はいいことないかなあ。

そう思って一年を振り返ったのがついこの前 。今年も押し迫りました。人間、同じ時期に毎年同じことしていますね。年号のかわり目には驚天動地な出来事が起きると言われて身構えておりましたが、それもあとしばらく。

身辺、仰天するような事態はありませんでしたが、日に日に感じたのは、天災。

災害の多い日本列島ですが、熱さ、雨、風、台風、厳しくなってきたような、、


天気晴朗なれど波高し、、、。

10月、台風19号がやってくる前日の、静岡市安倍川河口付近の海岸。

ウネリの帯が次々やってきて、沖合にはとてつもないエネルギーが潜んでいるよう。好天、無風なので、まだ釣りができると砂浜まで歩いてきて、びっくり!

結果、釣りは諦めて駿府の東照宮に初めてお参りしたのですが、やってきた台風、甚大な被害の数々。19号は雨量がすさまじく、各地に洪水をもたらせました。


台風の被災地から出されたゴミを整理している集積地。

雨、風、浸水、土砂崩れ、処理しきれていない場所が各地にあります(千葉県鴨川市)


台風15号は、常識の通用しない暴風が際立っていました。

お世話になっている地域、釣りポイントの集落がブルーシートの姿に。

とくに内房の被害が厳しく。↑千葉県岩井袋港


横浜市側、金沢区の定番場所も破壊されて修復のために立ち入れなくなり(台風15号)

枝が折れて塩水で枯れた松の姿が風雨の凄まじさを物語ります。近隣の工場、倉庫も浸水により大きな被害を受けて、存続の危機がある会社のことが報道されていました。

巨大化、強力になる台風の原因については、沖合、沿岸を問わず海水温の異常な上昇、つまり地球温暖化が影響していると言われてます。熱せられるばかりの地球、、、。


振り返りながら、冷凍庫ストックの魚たちもすべて解凍。

持ち帰り、いただいた分とは別にその日は食べ切れないと判断して急速冷凍した魚たち。
キュウセン、フエダイの子どもが残っていました。

毎年こうして年の瀬に、調理していただくのです。どこで掛かった子とか思い出し、、


解凍して、開きにして、しばらく干して水分を飛ばす。

シロギス、トラギス(全身タイガース)、チャリコ、お土産セットみたい。


ところで、地球温暖化の影響は1700m以上ある山の頂上にまで!?

仕事の技術研修で訪れた山形市でのこと。空いた時間、初めて蔵王へ上りました。

ロープウエイから見下ろしていた森を見ていて気がつきました。

なんかヘン? あれ、これ確か冬になると白い世界にキラキラと光る樹氷の森、のはず。

なぜ、樹木がみんな枯れちゃってるの? どうして?


ロープウエイの係の方からうかがったところでは、、、。

枯れてしまっているのはアオモリトドマツという種類。蛾の発生によって木が弱ったあとに、キクイムシが幹に穴を開けてしまったとのこと。本来、蛾もキクイムシも標高1700m以上には発生しにくいものが、温暖化によって発生・寄生しやすくなったのが原因とか。

一帯は国定公園内の保護区にあり殺虫剤の散布もままならず、、

蔵王の観光目玉の木々がこんなことになってしまい、、、深刻な状況でした。


山形、、で思い出したのが前号でご報告の若手釣り仲間の秋田へのUターン。

若者の都会離れ?が、私のまわりだけかもしれませんが相次いでいます。

大学や専門学校で一度は上京、そのまま就職したものの、ある程度の就業や経験を経たら、故郷へ、もしくは新しい価値観のある土地へと移り去っていく。

ヒツジ(釣りヒツジ)の仕事の関係者では特に顕著で、東京や横浜に執着していない?


あれこれ、考えているうちに、第一陣の出来上がり。キュウセン、フエダイの素焼き。

酢をチラリたらして、酢醤油でもよし、うまし! 素焼きなのでそのまま、でも。
水気のあるキュウセンがパサっとした食感のまま、じつに旨い魚だったと解ります。
 フエダイ(子どもですが)は、そのまんま旨い魚だということも解ります。


キュウセン1尾と開き干しの各種は、カリカリになるまで揚げてみました。

背骨までとはいきませんが、身とヒレまわりはそのままバリバリと食べれるまで揚げる。

トラギスの身の旨さが、こうして食べ比べてみると際立っておりました。


食べて、寝て、走って、釣って、泳いで、食べて、寝て、走って、釣って、泳いで、食べて

なんだかんだ申し上げても、結局このような一年を今年も過ごしたのでありました。

食べて、寝て、走って、釣って、泳いで、、とりまく環境は日ごとに厳しくなってる感じですが、それは年齢のせいかもしれませんし、できるだけ自然体で、変わりなく気ままに。

2020年も変えることないスタイルでまいります。よい、お年を!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<参考図書ご案内>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)電話03-3576-4051
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。
「投げ釣り列島縦断」で検索ください。


2019年12月15日日曜日

さらばアサリちゃん、横須賀うみかぜ公園 送別会

アサリちゃんが退職、秋田県大館市へUターンすることになり、お別れの会となりました。


この方はアサリちゃんではありません。浜田直樹さん。

送別会でアサリちゃんが使うエサを販売してくださる活きエサ徳丸の店主。手にしているのはオニギリ。ま、人間のエサみたいに写りましたが、私が作った蛸飯のオニギリ。浜田さんにひとつおっそわけして、27歳の若者の新たなるかど出を祝っていただこうかと。

蛸飯には、多幸めし、幸多かれという願いを、握り込める意味合いもありまして、、、。


購入のアオムシ(アオイソメ)はざっと1kgあります。活き抜群、きときと(解る?)

今回、アサリちゃんの送別会を催すにあたり、発起人の黒ヒツジおよびアサリちゃん上司ジュンさんの発案で、みちのく山河の大館市に帰郷のあかつきには、そうそう海へ行くのも難儀な道程。ならば東京湾の見納めにアオムシの1kgぐらい使い果たしての花道がよかろうと、まるで特盛りのソバのような環形動物が餞別になったのでした。

ところが、その一部を浜田さんの店舗から取り忘れてしまい、後続の私とヒツジ(今回も運転手兼撮影係員)がうみかぜ公園の前にお店に立ち寄った次第でした。


長い前置きとなりましたが、主役アサリちゃん、27歳、美容師。

秋田県大館市出身。上京、ジュンさんのまかされるお店で修業を続けて晴れて今月いっぱいで退社。来年からは故郷に根を張って生きていくことになった若者の笑顔。

東京へ出て、変化したことといえば「太りました」とのこと。なるほど、初めて会った時からすれば、顔は丸くなった。かな? えっ、太るぐらいラクした、、はずはないよね。


アサリちゃんの大館市凱旋(前祝いにて)、カンパーイ! 乾杯!

左から、黒ヒツジ(肩に写ってる自分でつけたマコガレイ・ロゴに注目)
U子さん(うみかぜ公園久方ぶりの登場、船上ではマグロとの綱引きを繰り広げる!)
ジュンさん(二人目お嬢ちゃん、二歳半になりタマランちゅうに自慢げオヤジ)
アサリちゃん(ジュンさん、黒ヒツジと出会ったことで飲めないお酒もいつの間に、、)
私(ずっとノンアルだったのですが、朱に交われば酒に交わり、今日も運転手付き)

若者の送別会が、うみかぜ公園での木曜定例会の納会になりました。


というのも、今年、連続して関東を襲った台風によって、横須賀うみかぜ公園も例外なく大きく傷つきました。

釣りを、するにも、大丈夫な場所を選んで、しかも周囲に気を使いながら、という状態なために、集まって多いに語らうわけにもいかず、相応に、自重していた次第です。

おそらく、それは、常連の方々みな同じ想いだったでしょうけれど、やがてポツポツと竿を出す人たちが戻ってきて、こうして年内、みな会うことが出来たわけです。

修復は、これから、なのでしょうけれど、工事が始まったら、またしばらくは自重なのでしょう。工期はもしかしたらかなり時間がかかるかもしれません。


ご無沙汰、そして送別会ということで、私はたいへん張り切りました、です。

前述のように、アサリちゃんの多幸を願って蛸飯を炊いて、バーベキューのために、食材準備をしました。ところが、私の勢いをいなすように吹き付けてくる風、しかもときどき強風、いつもの法則のようにイジワルな展開に。

しかし、クーラーボックスで垣根をつくり、天ぷらガードでカセットコンロを囲い、執念の開始、調理に励んだのでした。


まずは、ジンギスカン、北海道から直送のタレ漬け羊肉、キャベツ、モヤシ、ニンジン。

正直なところ、外で食べるジンギスカンは、これ以上申し上げようのない魅力の外メシ。

続いて、公園裏のショッピングセンターで追加購入。

まるちゃんの焼きそば、豚バラ、冷凍シーフードを絡みあわせまして、、、シェフ交代した黒ヒツジが、まことにかいがいしく、丁寧に炒めて、粉スープを絡めあわせました。

想いますに、外で食べるまるちゃんの焼きそばは、テッパン中のハガネ。

泣く子も黙るうまさではないでしょうか、、、ということで、久方ぶりのうまし!ハンコ


盛り上がる宴会とは裏腹に、みなさん、掛かってくるのは、グーフくんばかり。

この日は、ショウサイフグがグループになって集まっていたようでした。

私といえば、1投、したのみ。それが大失投、最近パックロッドしか使っていなかったために、投げ竿の感覚をすっかり忘れてしまって、、、といえばカッコいいですが、年齢とともに竿が言うことを聞いてくれなくなってきまして、回収。あとはヒツジまかせ。

アサリちゃんはじめ、皆さまに食材を食べて貰って満足。ほどよい疲れにハイボールも効いてきまして、クルマの助手席で大の字になっておりました。まるで、フグ、やね。


記念撮影、ひとりだけおかしなコトする人(私)は泪を見せたくなかった。

アサリちゃん、私の息子と同じ年齢のあなたに、私はなにもしてあげられなかった。してあげたのは、ほんの少しの飲食のお付き合いと、折角のお休みなのに寒風吹きすさぶなかでアオムシとかマムシとかで大切な指先をベトベトにしながらの根比べの同伴のみ。これが果たして、秋田県から上京してまでヤルことだったのかは、解りません。でもね。

私は、楽しかった。オジサンたちも楽しかった(はず) だから、ほんと、ありがとう!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<参考図書ご案内>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)電話03-3576-4051
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。
「投げ釣り列島縦断」で検索ください。


2019年11月30日土曜日

丹後と若狭を駆け足で

金沢帰省のおり、すこし西寄りに回り道して京都を経由。時間あるかぎり走りました!


コケコッコー!!! 舞鶴の道の駅にて、起床。

前夜、ヒツジ(釣りヒツジ)の旧知と京都市内で会食。旧交をあたためたのち京都縦貫道から若狭道に入り舞鶴東ICを降りてココへ辿り着く(私は途中から熟睡してました)

高速道路というのはまさにワープ道、ハンドルひとつで、どこでも行けますな。クルマは京都で借りた格安レンタカー。金沢へ至る前にちょっと寄り道していく算段でした。


店頭に、大看板あり、これは目立ちます。全部ひき受けまっせ!みたいなエサ。

アオムシ、石ゴカイ(ジャリメ)を購入、1パックづつ、寄り道なので、、、少量で。


向かったのは、舞鶴港の西側、舞鶴湾の出入り口付近でした。

お銚子の口のように狭くなっているため、潮流れがいい、すなわち好ポイント、なにかしらの魚がアタルであろうと目測をつけまして。たくさんの先客の方々の停められたクルマの隙間を探して、パックロッドをスルスルと出動させたのです。

紅葉深まったリアス地形の内海の美しさに、思わず、うっとり、、、、

わかさは、いい! 若狭、若さ、ゴロの良さも響いてきますわ。わかさ。


しかし、はっきり言いまして、竿に魚信を送ってくれたのはこの方々のみ。

それでもヒツジ曰く「この子たちが残っているだけでも貴重な海になりつつある」

ヒイラギは海藻、とくにホンダワラに付く魚とか。温暖化によってホンダワラが激減の現在、ヒイラギの存在が大切な指標になりつつあるとか。なるほど。


国道を西へ走って、由良川の河口へ出ました。

タンゴ鉄道の長い鉄橋を、ディーゼルカーがゆっくり渡っていきます。なんていいところ。おもわず手を振る、振り返される、鉄道名所、釣り名所、ですな。

ヒツジは小さい頃、ここの砂浜に立ち込んで、竹竿でキスを釣ったそうです。


ブルっときた、あっ、落ちてしまいましたがキス。砂がついてしまった。


コンコン、キュンと走って、チンチン。美チヌの子ども。

河口の、秋らしい(11月終わりというのに)お馴染みな顔ぶれに、ちょっとうれしい。


浜の右隣では、テントまで設営してがんばっていらっしゃる方もいました。

随分と遠方のナンバーがついてましたが、カンケーありませんね。

どこまでも行く、行ける時に行く、行けなくなったら、近くで釣る。もしくは。

行ったきり、帰らない。ずっと走って釣り続けるのが、釣り人。私も解ってきました。


今夏に、城崎や竹野、丹後半島へまわった時にも感じたこと。灯籠が大きい!

大陸や朝鮮半島からのつながりや、防御の意味が、関係しているとのことです。

権力者にとって、灯籠は、地域の灯りであり、ランドマークであり、言わば一帯を照らす灯台の役目を担っていたとか。石と火の示す力は大きいようです。


国道をそのまま宮津方向へ走っていた時のこと、あっ、これは確か!!!

駐車場には、クルマ、バイクがたくさん停まっていました。噂の昭和の、著名店!


オートスナックです、あれば必ず立ち寄る、いま見ておかないと後の保証はなし。

まずは、健在、うどん、そば、の自販機、稼働中なら当然コインをちゃりんちゃりんと。


ゲーム機コーナーも充実してました。絶版、幻となった機械もあるようです。

バイクツーリング中のおにいさんは、古いパチスロ機に熱くなってました。

「旅先で見つけると、つい燃えてしまってマズイ」とは、ヒツジの弁。やれやれ。


いただきました、大定番のきつねうどん、レンチンのハンバーガー。

うどんは好評のようで「懐かしい!」の声があちこちから聞こえてきました。

そうですな、コインスナックならではの懐かしさ、郊外のバイパス沿いで食べた味。地方都市の出身者にしか解らない懐かしさなのですね。

レンチンバーガーは、パンで火傷するほど熱い! 懐かしい熱さ、でした。


コインスナックでひとしきり懐かしんだので、今度は佳景に向かいました。

宮津市の天橋立、日本三景であります。天の橋とは、細長く伸びた砂嘴の橋、そこに生える松原の美しさが有名ですが、折角ですので歩いてみることに。


砂嘴で仕切られたちいさな運河を遊覧船が行ったり来たり。
なるほど、こういうところか。絶景です。ある意味、昭和な絶景かな。

正直に白状いたしますと、天橋立へ来たのは4回目、そのいづれもが、雨、夜間、もしくは観光バス車中にて一杯やれと命令されたりしていたため、天橋立の正確な景色の記憶がありませんでした。素晴らしい景色の場所でした。あっぱれ、日本三景。

写真、奥が与謝の海と呼ばれて、ヒツジの親戚が働いているとか。いいとこじゃん。


道行く傍らに、ひっそり花をつけるツワブキ。海辺らしくて、好きな花。


コッペガニ、、、なにこれ? 飲食店の看板についつい目がとまり。

ご当地で旬を迎えた(解禁された)ズワイガニのメスの名前のようです。

勢子ガニ、香箱、いろんな名称がこのカニの人気の高さを物語るような。


天橋立で竿を出すわけにもいかず(出している方々もいましたが)

宮津港へ戻ってパックロッドの出動ふたたび。短い初冬の陽のため、陰ってきて。


運良く、ブルブルと数尾が釣れてくれました。

今年、マハゼづいている私、コロっと体格のいい姿にうれしくなり、、、いいな宮津。

で、この日の釣りは宮津でエンド、仕舞ってのち、ソク京都縦貫道にのり、若狭道へ。

敦賀から北陸道で金沢へ向かい、正味3時間ぐらいで到着。


翌朝、金沢で用を済ませて、とって返して、ふたたび北陸道→若狭道で小浜へ戻る。

小浜市内を流れる北川と南川の河口、および小浜港周辺で竿を出しました。気合いだ。

というのも帰途、比叡山麓のヒツジの旧知を訪ねる予定があり引き返したのですが、急遽、予定が変わって別の機会にとなり、しばらく釣りをしようとなり。

行き当りばったりで車中泊&ちょっと釣りをしている自由時間ゆえの、自在、なりゆき。


狙いの意識は、マハゼにあったのですが、小浜の河口はこの子。


ちいさなセイゴもいました。

近くでルアーマンがバシャっと音をたててヒット、やった!という感じでしたがバラしてしまい残念!!! 

小浜港、河口の川のなか、とてもいい場所です。また来ます。

↓今年の5月敦賀市帰省中のブチョーをお誘いして釣りにきた様子はコチラ↓ 



ふと、目についた看板を読むと、なるほどねぇ〜〜〜っと。こころして。

いつも、なにげなく、遊び心で入れてみてます、カニ網、カニとりマンション。

都道府県によっては、禁止なのですね、小浜市のある福井県では禁止でした。


そうこう釣りを楽しんだところで、そろそろ京都市内を目指すことに。

若狭湾と京都をつなぐ道は、いづれも”サバ街道"と呼ばれる海産物の輸送路。そのなかで、もっとも西側の国道162号線を選択してみたのは、当初の、前述の比叡山への立ち寄りが変更になったため。

国道162号線は、関西では有名な二輪ツーリングコースだそうですが、なるほど、カーブ、路面、アップダウン、とても気持ちいい山岳路。信号がほとんどない。


そして、結果として、じねんじょまつりという地域イベントを発見することに。

福井県から京都府への県境府境にある名田庄(なたしょう)という集落にて。
鎮守の森の前に物産館があり、設営されたテント、露天、音楽、会場からの声に誘われるようにクルマを停めて、ずいずいずいと入り込み。


ボタン鍋、100円、なんて安いの、と口につけた瞬間から始まった口福、至福。

うまし! いやあ、うまい、うまし! うま過ぎる! 参りました!

ワナ猟の資格者セミナーで女性が急増という新聞記事を読みましたが、これは確かに、、、いえそんな味覚だけの理由でないにしろ、素晴らしいボタン鍋でした。


じねんじょをざくっとかけた、とろろそば。

これまた、うまし! 越前そばが有名な福井県ですが、ご当地の名田庄そばも秀逸。

1杯500円、おもわず、おかわりしそうになりました。発見、物見遊山の醍醐味うまし。


山間にこだまする歌声に聴き入ること、しばし。

満たされたお腹に響くオリジナルの歌曲も素晴らしく、ほんまこの方たちシロウトかいなと口あんぐりのまま、しばし、ぼうぜん、と、時のたつのも忘れて。


いけませんね、京都に戻って、クルマを返さねば、、、。

国道162号線の錦秋のワインディングを右に左に快適に走り、やっぱり森の気がいいなあ、空気もいいなあ、二輪ライダーの数もひきを切らず。

道は南丹市から、栂尾の里へと降りてきて、さすが紅葉シーズンでした。次第にクルマの流れも悪くなりつつ、それは京都の市街地へ入ってきた証拠でもあり。

それでも案外、流れる時は一気に流れるのが、京都市。駅が近づきました。


美しい夕暮れでした。

返却時間にまだちょっとあるということで伏見稲荷に立ち寄り。

お稲荷様に、旅の感謝と平安を祈ってしめくくりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<参考図書ご案内>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)電話03-3576-4051
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。

「投げ釣り列島縦断」で検索ください。